医学とは独立して歯科が存在したヨーロッパ

ヨーロッパでは早い時期から医学とは別に歯科が存在したようですね。 

フランスでは1700年頃には歯科医師開業試験制度が行われていたようです。

また、世界最古の歯科医学校として、1839年の末にアメリカのボルチモア歯科医学専門学校が設立されています。

世界初のボルチモア歯科医学校を創設者は外科医だったようですね。

世界で2番目のオハイオ歯科医学校を創設した方も外科医だったとか。

歯科医療に興味と関心をもった外科医達だったのですね

歯科医学校の創設者たちは、外科医療の一分科としての歯科医療を担当する「医師」の教育を目指していたようです。

アメリカにおける歯科医学校の出現は、歯科医療を外科医に代って行う歯科医師という職業を新しく作り出したようです。




日本では医師の中の口中医が口の中の治療を行っていました。

民間ではそれとは別に江戸時代初期から、「入歯師」といって入歯を作る職業が現れていました。

また、大道で芸を売る香具師と言われる人たちが、歯を抜いたりして見物客を集め、歯磨き粉や膏薬を売っていました。

コメントは受け付けていません。