インプラント手術を安心してうけるために

インプラント治療は外科手術を伴います。
手術と聞くだけで不安に思われるかもしれませんが、手術の安全性を高め、患者の負担を軽減するために治療技術は日々進歩しています。

自分が不安に思うポイントを一つ一つクリアにしてくれる医院を選ぶことが大切です。

手術そのものは、局所麻酔をするので痛みを感じずに受けられ、入院する必要もありません。静脈内鎮静法という麻酔法を行っている医院もあります。半分寝ているような状態で手術が行われるので局所麻酔だけでは不安という方は医院に相談してみましょう。

手術後の痛みも通常の抜歯と同じぐらいで、個人差はありますが数日で引いていきます。

設備が整った歯科医院かどうかも重要です。特にCTはインプラント手術を安全に行うためには欠かせません。
レントゲン写真だけでなく、歯科用CTスキャンによって顎の骨の状態や神経と血管の位置などを精密に検査してから手術を行うため、インプラントは顎の骨に正確に埋入されます。

インプラントは高度な技術が求められる治療です。
一般の歯科治療にも通じますが、とくにインプラント治療では、検査に始まり処置からメンナンスに至るまで安心して任せられる歯科医院を探しましょう。

スキルが優れているのはもちろん、治療計画や治療費用などについても丁寧に説明してくれるような信頼のおける歯科医師を選びたいものです。

高齢者とインプラント

病気になった時、入れ歯だとどうでしょうか?

入院している方の多くが色々な管につながれている様子はよく目にするものだと思います。

静脈などから栄養を直接血管にいれる方法や、鼻から栄養を直接胃に送る方法を用いられますと、口からご飯を食べるわけではないので入れ歯は必要なく入院時に全く使用しなくてもよいということにもなりかねません。

自分で咀嚼できなくなることもあるのですね。

しかしインプラントであれば、自分の歯と同じですから、寝たきりになっても咀嚼はできるのですね。

自分の歯で食べることにより、病気が克服できる可能性もたかまるのではないでしょうか。

また、自分の入れ歯の手入れを他の人にお願いするのが嫌だと思われる方もおられるでしょう。

病気によっては、入れ歯を気管内に飲み込んでしまう心配もありますね。

そういった不便な面を考えると、高齢者にとってインプラントはとても便利なものになりますね。

自分で手入れができる。
自分でおいしく食することができる、生きる喜びですものね。