インプラント治療ではアフターケアが大切

インプラント治療はインプラント本体を埋入し、アバットメント、上部構造を装着して治療自体は終了しますが、インプラントを長く持たせるためにはその後のアフターケアがとても大切です。

上部構造を装着してしばらくは、咬み合わせ、プラークコントロール、インプラント周囲組織、骨吸収等を数週間おきにチェックします。状態が良好な場合は、3~4ヵ月ごとの通院になります。

上部構造は片側での噛み癖や歯ぎしり他いろいろな要因によって、長く使っているうちに多少なりともすり減ってしまいます。定期検診で咬み合わせを確認してもらう時に、「以前より噛みづらくなった」など自分自身で気づくことがあれば先生に伝えるようにしましょう。

歯を失ういちばんの原因は歯周病ですが、インプラントでも歯周病に感染してしまいます。インプラントの十年後の残存率は約95%といわれていますが、あとの5%は、歯周病によってインプラントが抜け落ちダメになるケース等です。インプラントは天然歯より歯周病に侵されるリスクが高いので、手術後のメンテナンスが一層重要になります。

口の中には想像以上にたくさんの菌がいて、毎日食事をするのでインプラントや歯には汚れも付きます。その汚れが菌のエサになってしまいますので、歯磨きは、正しい方法で丁寧に行いましょう。

また、セルフケアに加え、プロのケアも欠かせません。歯科医院で、歯石除去やクリーニング、歯周ポケットの検査等の定期検診を受けましょう。

メンテナンスを怠らなければ、インプラントは飛躍的に長持ちします。継続的なメンテナンスは、インプラントだけでなく、残っている自分の歯の健康を守ることにも繋がります。